chouchou

未経験からWEBデザイナーを目指すfuyu_naのブログ

【本の紹介】これからWebデザイナーになりたい方におすすめの本を紹介します。

 
こんにちは、fuyu_naです。
私は今年の7月から独学でWebデザインの勉強を始め、バナーやWebサイトのデザイン制作に取り組んだり、アウトプットを続けた結果、11月頃から少しずつお仕事依頼が頂けるようになり、一緒に働こうというありがたいお誘いも頂けるようになってきました。
 
そして最近、「独学でこれからWebデザインの勉強を始めたい」という方から「どうやって勉強したの?」というご質問を頂くことがあるので、今回は私が実際に参考にした本をまとめてみました。
 

なぜ本で学ぶのか?

ネットでの学習プログラムやスクールがある中で、私はそれらを使わずに「本」から学ぶ方法を選びました。
その理由は、
  • 本が好きだから
  • 内容がしっかりまとめられていて、体系的に学べるから
  • 印をつけておけば後から何度でもすぐに確認できるから
 
あとは本を買うためにお金や置き場所も必要になるので、「やっぱりやーめた」と引き返しにくくなると思ったからです。本棚に本を並べておけば、いつでも気が向いた時に読めますし、せっかく買ったんだから勉強しないとって気持ちになります。
 

まずはデザインの基礎から

最初はデザインの基礎を学びました。以下2冊の他にも「ノンデザイナーズ・デザインブック」という本も評価が高くおすすめです。私はデザイン入門教室を読んでからノンデザイナーズ・デザインブックに書店で出会ったので、その場でパラパラめくって読む程度で内容が把握できました。なるほどデザインはサブタイトルの通り「目で見て楽しむデザインの本」です。ちなみにデザイン入門教室はいつも手の届くところに置いてあって、今もお世話になってます。
 

 

Webデザインの基本と見本帳のチェック

Webデザインの基本が1冊あれば、Webデザインにおけるワークフローやレイアウト、HTML&CSSJavascript、レスポンシブデザイン、実装までの流れなどがざっくり学べます。Webデザイン良質見本帳は、目的に合わせてどんなデザインにするかの参考になります。基本はWebサイトのデザインについてですが、バナー制作をする際にも配色やレイアウト、余白やフォントの使い方など参考にしています。
 

 

HTML&CSSについて手を動かしながら学ぶ

以下の2冊は実際にHTML&CSSを書きながら学べて、効率よくコーディングの基礎練習ができます。「HTML5&CSS3デザインブック」は特に評価が高いです。「HTML&CSSとWebデザインが1冊できちんと身につく本」は内容に沿って学習していくとオシャレなWebデザインが自分の手で作れるので満足感があります。
 

 

アプリケーションの使い方を手を動かしながら学ぶ

IllustratorPhotoshopの本を並べましたが、最初は「Photoshop」を使えるようにしました。バナー模写や企画課題に取り組むなどしてPhotoshopが一通り自由に使えるようになってから、「Illustrator」を使い始めました。印刷物の制作をしないのであれば、最低限Photoshopだけでもいけそうだと思ってましたが、自分でデザインのパーツを作ったり、ロゴやアイコンを作ったりするのにはIllustratorが適していると思うので、結局は両方勉強した方が良いと思いました。いずれもadobeの無料版が1週間使えるので、節約したい方は先にどちらかを練習して、できるようになったら次という形の方が良いと思われます。
 

 

最後に

今回は、独学からWebデザイナーになるために参考にした本をご紹介しました。今思えば、7月にWebデザイナーになると決めた時、私もこのようなブログ記事を読んでました。5ヶ月後にまさか自分がこんな記事を書いているとは思いませんでしたが、少しでも「これからWebデザイナーになりたい」だれかのお力になれれば幸いです。